ラベンダー 代表的な精油の一つとして

ラベンダー 代表的な精油の一つとして

アロマの種類と効能を一つご紹介させて頂きます。

代表的な ラベンダー (Lavender)は他の精油となじみやすく、アロマテラピーでよく使われる精油の一つです。フローラル系で安眠効果があることで知られています。

・心への効能
自律神経のバランスを調整する働きがあり、ストレスや怒りを感じている心や、不安や心配を抱えた心を癒し、深くリラックスさせる効果があります。また、溜まってしまった感情を解き放つ作用もあります。押し殺して行き場のなくなった感情を解消してくれます。特に、人の目を気にして自分の気持ちを表現できずにいる人を助けてくれます。安眠効果があることでも有名で、就寝前にもよく利用されている精油です。

・体への効能
ラベンダー は150種類以上の効能がすでに認められています。鎮痛作用があり、頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの体のあらゆる痛みを緩和する効果が期待できます。また緊張の緩和は、神経性の緊張、不眠、高血圧、動機、頭痛、イライラなどを緩和します。更に、抗感染作用も優れていて、泌尿器や生殖器系、呼吸器系の感染症に効果的です。

・精油のブレンド
殆どすべての香りと相性が良いです。特にクセのある強い香りのものと合わせると、まろやかな香りに変わります。