フランキンセンス の効果が注目を浴びています

フランキンセンス の効果が注目を浴びています

アロマオイル は「様々な種類の植物が産出する揮発性の油」のことであり、香りも植物ごとに異なり効果も変わってきます。今回は当店のコンセプトオイルでもある フランキンセンス に焦点を絞って話していきます。

フランキンセンス はオリバナム・乳香とも言われており、古代エジプト、バビロニア、ヘブライといったさまざまな文明で、宗教儀式に使われてきました。定着性の高い木製の甘い香りの中にも、かすかにレモンに近い染み透るような芳香を含んでいます。聖書にもイエスが誕生してすぐから22回も登場し、宗教には欠かせない存在です。 語源は中世フランス語の「純粋」の意味と、ラテン語の「燻す」という言葉が合わさったものです。古くから神聖なものとして扱われてきたことがわかります。

フランキンセンス の木は樹高3-7mの低木です。白か薄い紅色の花を咲かせます。樹皮の内側に樹液が蓄えられていて、樹皮に傷がつくと液が出てきます。その樹脂を水蒸気蒸留したものが アロマテラピー の精油です。

心への効能
フランキンセンス は心の滞りをなめらかにし、心に静けさをもたらす作用があります。そのためイライラや不安、心の乱れを落ち着かせてくれます。そして世俗的なものに縛られてしまった感情や忘れられない過去から解放させてくれ、自己を高める手助けをしてくれます。呼吸を深め、心を静かにさせ、集中させるので、瞑想やヨガにも向いています。スピリットの世界へつながる香りとも言われています。

体への効能
呼吸を深めるので、胸部の緊張を解いてくれます。それは免疫力の向上や、喘息・気管支炎などの呼吸器系の不調改善に役立ちます。また神経系にも鎮静させながら緩やかに強壮する優れた機能があります。それは抗鬱や鎮痛作用につながります。リウマチ、腹痛、月経痛などにいいと言われています。

精油のブレンド
柑橘系、フローラル系の香りと相性がいいです。

皮膚への効能
肌にはアンチエイジング効果が優れています。しわ、たるみをなくし、皮膚の再生を活性化してくれます。

アロマテラピー は様々な種類の精油を使用しますがその中でも フランキンセンス の精油がものすごい効果があると言われているのです。その中でも最も注目されているのが癌(がん)治療に効果的というお話です。

フランキンセンス の驚くべき効果に癌細胞を死滅させるというのがあります。しかもただ死滅させるだけではなく、癌細胞の増殖も防ぎつつ、癌細胞を死滅させることがわかっています。癌細胞はどんどん全身に転移してしまいますが、それを防ぐことができ癌細胞を死滅させるなんてまさに隙がありません。

フランキンセンス の癌に対する効果は医学的にも証明されています。例えば、卵巣癌の進行が進んでいる状態に対して フランキンセンス を使用したところ癌細胞を死滅させるという研究結果をレスター大学が発表しました。

フランキンセンス は細胞の成長を施してくれるので、膿を持ったできものや傷跡を目立たせなくするなどの効果が期待ができます。また マッサージ芳香浴 など香りを嗅ぐことにより リラクゼーション の効果を得ることができ、特に就寝前に取り入れると上質な睡眠へと導いてくれます。気管支炎やせきなど呼吸器系の症状も軽減する効果があります。

このように フランキンセンス は癌治療としても使用されるほかに日常に取り入れても十分すぎるほどの効果を発揮する優れた アロマ エッセンシャルオイル となっています。