アロマ テラピーとは何なのでしょうか

アロマ テラピーとは何なのでしょうか

アロマ テラピーは今ではご存知の方も多いと思いますが、初めて耳にする方もいると思いますので、少しご紹介させて頂きます。

アロマ テラピーは、植物の香り(精油)を使って、心や身体の不調を改善して、健康維持やリフレッシュに役立てる療法です。つまり アロマ(芳香)とテラピー(療法)が組み合わさった造語です。

それでは、アロマテラピーには欠かせないエッセンシャルオイル(精油)とは、植物の花・葉・果皮、時には根っこや樹脂から、香りの成分=芳香成分を抽出し、凝縮したものです。その芳香成分が、鼻や皮膚から人間の身体の中に取り入れられる事によって、身体や心のバランスを整えてくれます。

「アロマ」イコール「リラックス」と、心への作用をイメージする方も多いはず。もちろん精油は、心のバランスを整えます。精油を嗅ぐと脳内で、セロトニンやアドレナリンなどの神経伝達物質が分泌されます。これらは心の安定や、ホルモンのバランスをコントロールする大事な物質です。精油の香りは、このバランスを整えることで、感情を安定させます。

また、感情が安定していると、病気にならない強い身体になるとも言われています。精油の成分には、免疫を強化したり、体の各器官を刺激して、働きを向上させる作用があることが知られています。例を挙げると、ラベンダーは癒しの香りとして有名ですが、免疫を上げ、肩こりなどの痛みをとるとも言われ、グレープフルーツはイライラなどからくる暴飲暴食で疲れた胃の熱を冷まし、消化吸収を助けてくれる役割もあります。

このように心の癒しだけでなく、直接身体にも働きかけながら、私たちの健康をよりよく助けてくれるます。人は自然の一部であり、植物から抽出される精油が、身体に良い影響をもたらしてくれます。しかも簡単に普段の生活に取り入れる事ができるものばかりです。植物のパワーをちょっとお借りして、より豊かで健やかな毎日を過ごしていきましょう。