アロマバス でリラックスしましょう

アロマバス でリラックスしましょう

アロマバス は先日このBlogで掲載しました皮膚と呼吸器の両方から体内に吸収されます。とはいえ、ブレンドオイルでの塗布や原液の吸入に比べると濃度も非常に低いため、アロマセラピーのビギナーでも気軽に実践することができます。

方法も精油(エッセンシャルオイル)を浴そうに落とすだけと手軽な上、お風呂好きの日本人にとって親しみやすいのも利点でしょう。 アロマバス は体を温めて全身の筋肉をほぐし、末梢血管の血流を促進するので、疲労感やストレスの解消にうってつけです。

アロマバス の基本的なやり方として精油をそのままお湯に落とし、よくかき混ぜてから入浴してください。お湯に溶けない精油が直接皮膚に当たることを避けるため、入浴中もよくかき混ぜるとよいでしょう。

お湯の温度を38〜40度前後のぬるま湯にすると、長くゆっくり浸かることができ、効果も高まります。通常の全身浴に加え、みぞおちまでお湯に浸かる半身浴、足をお湯につける足浴や手をお湯につける手浴も手軽に行える アロマバス の方法です。