アロマテラピーを行う基本の 方法

アロマテラピーを行う基本の 方法

精油を体内に取り込む 方法 は大きく分けて、マッサージや塗布(液体を皮膚から吸収させる)、芳香浴や吸入(気体を鼻から吸引させる)、アロマバス(皮膚と鼻の両方から吸収させる)、うがいや内服といったその他の 方法(内服は消化器から吸収させる)の4つに大別できます。

当店でもマッサージや香りによる吸収がメインとなりますが、どの 方法 を用いるかは精油の特性に応じて決まります。

例えばラベンダーはマッサージや塗布、吸入が適しています。内服も可能ですが、ラベンダーの成分は消化器で代謝されやすく早くに排泄されてしまします。皮膚から浸透させる 方法 のほうが有効成分を効率的に吸収させることができます。またラベンダーの芳香成分は脳の神経組織を構成する脂質に溶けやすいので、吸入ですと鼻から脳へ直接有効成分を送り込むことができます。